★最安値公式サイトはこちら★

Albiniaホワイト二ングクリーム


アルバニアホワイトニングクリームは、シミやそばかすを防いでみずみずしい素肌へ導いてくれる薬用クリームです。

有効成分が各層まで浸透し、シミ、くすみのない美肌へ導いてくれます。

 

しかし、高い効果が期待できる一方で、

 

  • 副作用や危険な成分が入っていないのかどうか
  • 安全性は問題ないのか

 

という心配の声が寄せられています。

 

そこで今回は、アルバニアホワイトニングクリームに配合されている成分の安全性や、健康被害・副作用の危険性について解説していきます。

 

危険?アルバニアホワイトニングクリーム成分は安全?

ここでは、アルバニアホワイトニングクリームの全成分について、詳しくご紹介していきます。

 

有効成分

アルバニアホワイトニングクリームには下記の2つの有効成分が配合されています。

 

  • トラネキサム酸
  • グリチルレチン酸ステアリル

 

トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ効果があります。

そして、グリチルレチン酸ステアリルは、皮膚のくすみやシミ、乾燥、肌荒れ予防などの効果が期待できます。

 

添加物

アルバニアホワイトニングクリームには、『基剤』と呼ばれる、製品に形を与えるために使われる添加物が配合されています。

肌に悪影響を与える心配はありません。

 

精製水、ルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール、アラキルグルコシド、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリルメチルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、天然ビタミン E、ポリ アクリル酸アミド、軽質流動イソパラフィン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、フェノキシエタノール

 

その他の成分

アルバニアホワイトニングクリームには下記の美容成分が配合されています。

 

  • コメヌカ油
  • ユキノシタエキス
  • ボタンエキス
  • カッコンエキス
  • クロレラエキス
  • アロエエキス(2)

 

副作用や危険性がある添加物は含まれているの?

様々な成分が配合されているアルバニアホワイトニングクリームですが、果たして副作用などの危険性のある成分は配合されているのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

カルボキシビニルポリマー

カルボキシビニルポリマーは、別名『カルボマー』と呼ばれる成分です。

一般的に乳液や美容液に広く使われています。

そんなカルボマーですが、皮膚刺激性や毒性および眼への刺激はほとんどありません。

アレルギー(皮膚感作性)もないため、安全性の高い成分であると言えます。

 

3-ブチレングリコール

ブチレングリコールは、保湿剤や防腐剤、また植物エキスを抽出する際などに広く用いられる成分です。

安全性が高く、現時点では3ブチレングリコールの代替となる成分は存在しません。

そのため、3ブチレングリコールが入っていない化粧品の方が少ないと思います。

 

2-ペンタンジオール

防腐剤のパラベンの代わりに使われている成分です。

防腐剤としての働きは、パラベンに引けを取りません。

2-ペンタンジオールは安全性が高い成分ですが、アルコールの一種でもあります。

そのため、皮膚が弱い方は目立たない部分でパッチテストと行ってから使用してください。

また、アルコール特有の清涼感を感じることがありますので、アルコールが含まれた化粧品が苦手な方にはおすすめできません。

 

結論:添加物の安全性は?

添加物と聞くと、肌への刺激や副作用が心配ですよね。

とはいえ、アルバニアホワイトニングクリームに限らず、基礎化粧品には何かしらの添加物が配合されていることがほとんどです。

ただし、配合されている添加物全てが肌に悪いわけではありません。

アルバニアホワイトニングクリームのように、製品に形を与えるために添加物が配合されていることもあるのです。

 

中には副作用が心配な添加物が配合されている化粧品も多数ありますが、アルバニアホワイトニングクリームには、安全性が高い添加物しか配合されていません。

 

アルバニアホワイトニングクリームの危険性は?

アルバニアホワイトニングクリームの危険性について調査するべく、実際に使用した方の口コミを調査しました。(アルバニアの口コミはこちら)

その結果、アルバニアホワイトニングクリームの危険性や、副作用に関する口コミは1件も見つかりませんでした。

実際にアルバニアホワイトニングクリームを使っている友人にも話を聞いてみましたが、危険な症状が出たという話はありませんでした。

アルバニアホワイトニングクリームは、安全性の高い化粧品のようです。

 

また、下記の『白斑』などの副作用が起こる可能性のある成分は一切配合されていませんでした。

 

  • ハイドロキノン
  • レチノール

 

このことから、アルバニアホワイトニングクリームは、安全な成分が厳選して配合されていることが分かりました。

 

アルバニアホワイトニングクリームで副作用を防ぐための注意点

アルバニアホワイトニングクリームを使用した人の中で、副作用が起こったという報告は今のところ1件もありません。

では、アルバニアホワイトニングクリームを使用する上で、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

ここでは副作用を防ぐための注意点についてご紹介していきます。

 

アレルギー

アルバニアホワイトニングクリームには植物由来のエキスが含まれています。

そのため、何かしらの植物に対してアレルギーを持っている方は注意が必要です。

心配な方は、医師に相談してから使用してください。

万が一アレルギーが出てしまった場合、アルバニアホワイトニングクリームには保証制度がありませんので注意が必要です。

 

かぶれなどの肌トラブルが起こった場合

万が一、肌が腫れたりかぶれるなどの異常が見られた場合には、すぐに使用を中止して顔を洗ってしてください。

現段階ではこのような肌トラブルが出たという報告はありませんが、注意するに越したことはありません。

特にアルバニアホワイトニングクリームを初めて使用する方は、肌の様子を見ながら使用してください。

 

アルバニアホワイトニングクリームを使用してはいけない場合

アルバニアホワイトニングクリームの使用に制限はありませんが、傷や吹き出物などの肌トラブルがある場合は控えた方がいいかもしれません。

触り過ぎると悪化してしまう恐れがありますので、軽く塗る程度にしてください。

もしくは、肌トラブルの部分だけを避けて使用しましょう。

 

アルバニアホワイトニングクリームは何故安全なのか?

ここでは、アルバニアホワイトニングクリームが安全だと言われている根拠について、該当する内容をピックアップしてみました。

 

天然成分

アルバニアホワイトニングクリームの主要成分のひとつであるグリチルリチン酸ステアリルは、植物から抽出された肌に優しい成分です。

また、もうひとつの主要成分であるトラネキサム酸も、多くの薬用美白化粧品に配合されている実績のある成分です。

 

植物エキス

アルバニアホワイトニングクリームに配合されている6種類の植物エキスは、古くから漢方として使われていたものばかりです。

長年にわたって使用されてきたという、安全に対する実績があります。

また、植物由来の自然エキスですので、副作用などの心配もなく安心して使用することが出来ます。

 

専門クリニックが開発

アルバニアホワイトニングクリームは、専門のクリニックが開発した「薬用」ホワイトニングクリームです。

そういった面でも安全性が高く、効果が期待できると考えられます。

 

まとめ

アルバニアホワイトニングクリームには、肌に優しい有効成分が豊富に含まれていることが分かりました。

シミやシワなどの肌トラブルに積極的にアプローチし、みずみずしい素肌に導いてくれます。

副作用の危険性もほとんどありませんので、安心して使うことができます。

人気商品で品薄状態が続いていますので、気になる方は早めの購入がおすすです。

ぜひこの機会にアルバニアホワイトニングクリームを試してみてはいかがでしょうか?



★最安値公式サイトはこちら★

Albiniaホワイト二ングクリーム